2007年05月06日

うどんこ病対策

この時期になると、バラを育てている方は誰でも警戒するだろう「うどんこ病」。
じめついたり湿気が多くなると、発病しやすくなる病気です。
うちのベランダのバラも、二本揃ってやられました…。
対策としては、薬液散布と掛かってしまったところを切り落とす、風通しをよくしてやる、などがあげられます。

私も適当に重篤な部分は切り取って、薬液散布しました。
使ったのは総合殺菌剤「ダコニール1000」「ダイン」を水に溶かして調合して作った薬液です。こちらは二三日空けて三回ほど散布するような形で使うのですが、うちのバラもだいたいそれで直りました。再発の気配もありますが…(T-T)
あまりにひどくなると丸坊主にしてやるしかないようですので、あまりひどくならないうちに薬液散布してやるのが良いようです。
結構しっかり散布するので、使用量も多く、薬液を調合するのは面倒でも、この方が経済的です。もちろん、市販の調合済みの総合殺虫殺菌剤とかを使用するのでもOKです。(たとえば「カダン」とか「ベニカXスプレー」とか)

更にこの後は害虫も発生しやすくなるので、要注意です。
それでも、花が咲くのを見るととても嬉しくて、世話のしがいがありますね。
(病気にもかかわらず、すでに四季咲きのバラは花を咲かせてますvv)

いろんな病害虫の対策などの情報はこちらから得られます。
住化タケダ園芸株式会社