2007年07月06日

布ぞうりに挑戦してみました

久しぶりに手芸(?)がしたくなって、前からやりたかった布ぞうり作りに挑戦してみました。
材料は、ビニール紐(丸い捩ったもので太目のもの)+大量の古布、あとは仮止め用の輪ゴムと針金入りの止め紐。
まずは、準備。古布を大量に用意して、5cm幅に裂きます。ひたすら切て裂くを続けて、40m弱分くらい用意します。
その後は鼻緒紐作り。これが結構難しい!1m位のビニール紐に布を巻きつけていくのですが、なかなか綺麗に巻けません。すぐによじれたり、よじれがもどってほころんだりしちゃいます。とにかく大事な部分なのでしっかりつくりたいけど、実際には難しくて、結局いんちきな捩れ紐になってしまったですよ。
その後は、ビニール紐を輪にして、中心を持って、二重の輪にしたものを捩って止めて、四本の紐が並ぶようにします。これがぞうりの骨組み。で、そこに布を三つに折った紐をひたすら編みこんでいくわけですが、これは以外に細くなってしまって難しい。最初に鼻緒部分から編んでいくのですが、そこの形をしっかり幅をとって作っておかないと足がはみ出しちゃうような細いぞうりになってしまいます。
まあ、とりあえず、そうやって一つ作ってみたのですが、紐を両足の親指にかけて作業するのですが、その姿勢がとても肩の凝る姿勢で、片足分だけ作ったらもう腰痛+肩こりでぎしぎしになりました。
(詳しい作り方とかはググって見てください。人によって作り方が違うみたいです)

出来上がった片足分をはいてみましたが、確かに履き心地はいいです!なかなかいい感触。これは使う古布の種類にもよると思いますが、木綿の適当な布(所謂ブロード)がいいみたいです。適当な厚みとやわらかさがあるので。タオル地で作ることも出来るようですが、これはタオルを先に縫って(ミシンでたたいて)紐にしておく必要があるようです。でも履き心地はよさそう…

慣れたら、結構簡単にできるのかもしれませんが、初心者にはなかなか肩と腰に来る作業でした(^^;)
最近はあちこちで講習とかしてるみたいなので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。
私も再挑戦する予定です。

posted by うみこ at 22:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 手工芸品:細工品
この記事へのコメント
布草履。
そう言えば実家の母がスリッパ代わりに使っていたな。
多分自作だが作り方は聞かなかった……。
Posted by Tomi at 2007年07月07日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4615469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック